四十代税理士日常日記

備忘を兼ねた日記です。内容は私見です

税務署でID/パスワードを受け取れば自宅で所得税の電子申告ができるよ!(平成31年1月から)

ソース↓

e-Tax利用の簡便化|国税庁

 

パンフレットはこちら↓

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/pdf/kojin_e-tax_riyou2.pdf

 

マイナンバーカードが普及するまでの暫定措置らしいですが、今、ご自分で紙で申告されている方については超ラクになる予感!!

電子申告したら源泉徴収票とか寄附金の領収書とか送らなくていいんだよーーー(注:保管は必要)

 

<今まで>

マイナンバーカード等の電子証明書が入ったカード&カードリーダーを持っていないと、国税庁HPの「確定申告書作成コーナー」で申告書を作ってもインターネットでの提出はできず、

紙に印刷して郵送するか税務署に直接持っていくかのどちらかをしなければならなかった

 

<これから>

本人確認のうえ税務署が発行したe-tax用のID/パスワードがあれば、マイナンバーカードやカードリーダーがなくてもネットで申告できる!

簡単なもの(サラリーマンのふるさと納税や医療費控除など)ならスマホでもできるようになるよう開発中らしい!!

 

 

ってことらしいですよ!

 

<ID/パスワードのもらい方>

運転免許証などの本人確認書類を持参して、

税務署(住所地を管轄する税務署に行くのが確実・それ以外でできるかどうかは要問合せ)に行って対面で発行してもらう必要があるとのことです。

郵送とかではNGのようなのでご注意ください。

 

住所地を管轄する税務署はこちらでご確認ください↓

税務署の所在地などを知りたい方|国税庁

 

その他注意事項ですが、

(注1)平成30年1月以降、すでに確定申告会場等で「ID・パスワード方式の届出完了通知」を受け取られた方はそれを使っていただいてOKだそうです。

*なんか紙もらってるけどよーわからんなって人は税務署に電話して聞くのが無難です!

 

(注2)すでに税理士等に頼んで電子申告をしている人が税理士に頼むのをやめる等でID/パスワード方式を使いたい場合は、すでに「利用者識別番号」「暗証番号」を持っているので、番号を引き継ぐためその情報も一緒に税務署に持参する必要があるとのことです。(わからない場合は税理士に聞いてみてください)

そうでないと今までの番号が使えなくなり、過去の情報が見れなくなるので不便です。

 

(注3)まだ制度が始まったばかりで税務署によって多少取扱が違う部分があるようですので、無駄足にならないように行く前に税務署に電話して必要書類等確認しておくことをお勧めします!

 

以上です。 

 

 

確定申告の時期になったら税務署の窓口は絶対混むし時間かかるので、

もし来年から家で電子申告やりたいなーという気持ちのある方は、

今のうちに平日時間のあるときがあったら、ID/パスワードをもらっておくと未来の自分が幸せになれるかも!!!

 

でも、もし税理士に申告頼んでるけどID/パスワードをもらいに行きたいって人は、事前に税理士にも相談して下さいね!