四十代税理士日常日記

備忘を兼ねた日記です。内容は私見です

「電磁的記録印刷書面」(QRコード付証明書)を作ってみた

www.nekomage.world

 

先日、上記のような日記を書き、

今年から年末調整で使えるようになった「電磁的記録印刷書面」を自分で作ってみたいけど電磁的記録をもってないからできない・・・と書きましたが、

その後、保険会社から来たのでレポします!!

 

1.電磁的記録をPCのどこかにダウンロードする

 

これは保険会社さんの指示に従ってください。

私が加入してる保険会社は、保険会社のマイページからダウンロードする方式でしたがそれは会社によるのかも・・・

 

2.国税庁のサイトのQR付証明書等作成システムに行く

 

↓ここです。

QRコード付証明書等作成システム|e-Tax

 

 

3.事前準備セットアップをする

 

上記サイトの真ん中ぐらいに「事前準備セットアップ」というところがあるので、まずはそれをやる必要があります。

WindowsかMacかで押すところが違うのでご注意を。。

f:id:nekomage:20181024115047j:plain

これについては画面の指示に従っていただくしかないので割愛。

 

4.QRコード付証明書作成システムを利用する

 

上記が無事終わったらいよいよ本丸です。

「QRコード付証明書作成システムを利用する」というボタンを押します。

 

f:id:nekomage:20181024115417j:plain

 

すると、まず「はじめに」というページがでて、注意事項がでてくるので読んだ後「次へ」を押します。

 

すると、電子証明書をアップロードする画面が出てくるので、「参照」で1.でダウンロードしたファイルを選んで「読み込み」を押します。

f:id:nekomage:20181024120130j:plain

電子証明書が適正なものであれば、

下記のような表示・印刷画面が出ます。

ここで「表示・印刷」を押すとPDFが生成されます。

f:id:nekomage:20181024120153j:plain

 

下記画面が出たら作成完了です。

「表示」を押したらPDFが出ます。その後印刷もできる。

「保存」を押したらPDFファイルが保存されます。

表示してみて、ちゃんとQRコードが出てるか確認してみましょう。

f:id:nekomage:20181024120248j:plain

 

保存・印刷が終わっても上記画面が出たままなら「キャンセル」を押して元の画面に戻ります。

 

そして「次へ」を押すと終了画面が出て、「印刷したものは年末調整に使えます」的なアナウンスが出ます。

そこで終了もできるし、

複数の証明書がある場合は引き続き作成できるようになってます!

 

 

レポは以上です。

思った以上にスムーズでいい感じでした!

これを機に電子化がすすんでいけばいいなー!

11月中旬からe-Gov電子申請の仕組みが大きく変わるようです!

最近はあまり電子申請をしていなかったのですが久しぶりにe-Govをあけてみたらこんなお知らせが!

 

www.e-gov.go.jp

 

 

ついにe-GovがJavaを使わない形式になるらしい!

 

Javaは使っていいバージョンとダメなバージョンがあったりして(e-Govは9は絶対ダメといわれていた)めんどくさかったから非常にうれしいです。

 

電子申請アプリをダウンロードし、それを使って申請していく方法に変わるそうです!

 

今後のスケジュールは、

 

2018年10月下旬(予定)・・・電子申請アプリケーションの事前配布・システム切替時期の案内

 

2018年11月中旬(予定)・・・システム切替

 

だそうです!

 

「一括申請対応ソフトウェア」を使用している方は、やり方が変わるかもしれないので対応についてはソフトベンダーさんにご確認くださいとのことです。

 

新しい電子申請アプリケーションが出たらダウンロードしてみようっと。ワクワク

独自ドメインになるには焦りは禁物!という話。

先週、ちょっと思い立って独自ドメインになってみました。

 

すべて、グーグルで「はてなPRO お名前ドットコム」で検索した結果出てきたブログ様から情報をいただきつつ試行錯誤しながら作業しましたが、文明の利器と、作業記録を残してくださった先人の皆様に敬意を表しつつ、私の記録も残しておこうと思いました。

 

一言で言えば、軽い気持ちで独自ドメイン化を進めたら意外とめんどくさかったという話です。

結論から言えば手続き自体は1日でできたけど、すべて完了するのは3日ぐらいかかりました。

 

1)はてなProに申し込む

・・・申し込む前はこれだけで独自ドメインになれると思ってました・・・・

 

申し込みは単にボタンを押して個人情報入れて支払情報入れるだけ。

申し込み完了したら、設定画面で独自ドメインを入力できるようになり、

「お名前.com」のリンクバナーが近くに設置されました。

 

そのリンクバナーを使ってドメインを用意しろってことだったんですけど、愚かな私はなぜかそれを無視して、わたしのかんがえたさいきょうのドメインを入力しました。

 

「そのドメインは存在しません」

 

ここでやっとはてなPROのヘルプを読み、ドメインは自分で用意しないといけないことを知りました。

いつもお客さんに税務の申請書を書いてもらうときは「ちゃんと説明書を見て書いて下さい」といってるのに自分がこれじゃ世話ないですね。。

 

2)ドメインを取得する

 

私は設定画面で勧められたとおり「お名前.com」で取りましたが他にも色々あるみたいです。

www.onamae.com

 

ここでまず、取得希望のドメイン名(このブログで言うと"nekomage"の部分)を入れ、.(ドット)以下の部分の空き状況を見ます。

 

f:id:nekomage:20181023153758j:plain

 

空きがあるところにはチェックマークを入れて選択できるようになっています。

(".world"はこのブログで使うため私がとったので×になってます)

 

このときに一緒にレンタルサーバ(別途有料)も申し込めるようになっています。

ブログ以外のコンテンツをのせたりメールアドレスを作ったりしたい場合は申し込まねばなりませんが、はてなブログで使うだけだったらレンタルサーバは不要です。

 

ここで、気に入ったものがあれば選択して、会員登録して、申し込んで、支払い方法登録したらドメイン取得は完了。

 

自分の情報をネット上に出したくない人は、このときに忘れず「Whois情報公開代行」も申し込んでおくとよいです。

申し込むと、Whois情報にはお名前ドットコムの名前しか載りません。

 

終了直後に、登録したメールアドレスに「【重要】[お名前.com] ドメイン 情報認証のお願い」というタイトルのメールが届きますのでこちらにも忘れずに対応(リンクをクリックするだけ)しておく必要があります。

 

3)ドメインをはてなブログに紐付ける

 

これがよくわからなかった上に待ち時間が長かったところです。。。

この作業には、

「お名前ドットコム」上での作業と、「はてなブログ」上での作業があります。

 

①「お名前ドットコム」上の作業

「ドメイン設定」→ネームサーバの設定「DNS関連機能の設定」

の画面に行きます。

 

f:id:nekomage:20181023155800j:plain

 

次の画面で設定したいドメインを選んだ後、「DNSレコード設定を利用する」の「設定する」ボタンを押します。

 

f:id:nekomage:20181023160010j:plain

 

 

そこで「ブログ」のタブを選び、情報を入力します。

ホスト名は何でもいいそうですが、アフィリエイトとかやるなら"www"一択だと聞いたので私はwwwにしました。

 

TYPEは「CNAME」

TTLは「3600」

VALUEは「hatenablog.com」(←今のブログのURLにかかわらずコレ)

 

と設定し、一番右の「追加」を押します。

 

f:id:nekomage:20181023160529j:plain

 

一番下の画面に行き、「DNSレコード設定用ネームサーバー変更確認」にチェックマークを必ずいれ、「確認画面に進む」を押してください。

f:id:nekomage:20181023160831j:plain

 

その後は画面の通りに進めれば完了です。

無事設定できたら「[お名前.com]DNSレコード設定 完了通知」というメールがきます。

 

 

②はてなブログ上の作業

上記が終わればはてなブログで独自ドメインを設定して終わり!なんですが・・・

そこが時間がかかります。

 

「設定」→「詳細設定」→独自ドメイン

のところに、さっき取った独自ドメインを入力し「ドメイン設定をチェック」を押し、ドメインの設定状況が有効であれば、一番下までスクロールして「変更する」を押すと完了なのですが、

これがなかなか「有効」にならない!

f:id:nekomage:20181023161206j:plain

 

「有効」になって、喜び勇んで「変更する」を押しに行っても次の瞬間には「エラー」になってたりします。。。

 

設定がまだ全然できていない間は、独自ドメインをURLバーに手入力しても、お名前ドットコムのページにとび「このドメインは取得されています」と出るだけです。

 

そして、少し段階が進んで、独自ドメイン紐付け設定が「有効」と「エラー」が行ったりきたりしている間は、独自ドメインをURLバーに入れてもすぐ従来のはてなブログのアドレスにリダイレクトします。

 

このエラーの原因は「時間」しかありません。

作成したドメインが安定するまで最大で72時間かかるとのことですので、気長に待ちましょう。

時々はてなの設定画面にいき、上記の「ドメイン設定をチェック」を押して安定的に「有効」と出たら完了です。

こうなったら、自分のはてなブログを開いてURLを見たら独自ドメインになってます。

 

4)リンク先やアフィリエイトのところにアドレス変更を連絡する

 

これは、上記が全て完了してからのほうがいいです!

私は、先走って安定する前に連絡してしまい、「確認しましたら危険なサイトと出ました」といわれてしまいました・・・・

 

 

以上です。

 

 

長々と書きましたが、

「はてなの独自ドメイン化についてはすぐにうまく行かなくてもあせらないでOK」

これだけが私が言いたかったことです!

 

なお、時間がたってもどうしてもダメな場合は「はてなブログ」もしくはドメイン業者さんにお問い合わせください!

 

 

「電磁的記録印刷書面」ってなんやねん!?→国税庁のサイトから出せます

www.nekomage.world

上記の年末調整の話の続き。

 

今回の年末調整から、保険料控除申告書の添付書類が従来の原本のみから「電磁的記録印刷書面」もOK、ということになったのは皆さんご承知の通りだと思います。

f:id:nekomage:20181018111716j:plain

 

しかし、「電磁的記録印刷書面」ってなんぞや?

と思ってしまう。。。

 

国税庁HPで公開されている「年末調整のしかた」によると、

 

電磁的記録印刷書面とは、電子証明書に記録された情報の内容と、その内容が記録された二次元コードが付された出力書面をいいます

 

ってことなんですけど、わかったようなわからんような・・・・

 

その答えはここに載っていた!

控除証明書等の電子的交付について|国税庁

 

これによると、「電磁的記録印刷書面」とは、

 

・保険会社からメール等で「電子的控除証明書等」(XML方式のデータ)が送られてくる

            ↓

・国税庁のサイトの「QRコード付証明書等作成システム」で、QRコード付の控除証明書をつくる

            ↓

・それを印刷したものが「電磁的記録印刷書面」

 

ってことみたいです。

 

QRコード付証明書作成システムは↓こちらから使えます。

(URL踏んだらいきなりダウンロードされたりはしないのでご安心下さい)

QRコード付証明書等作成システム|e-Tax

*このサイトにある「事前準備セットアップ」を使ってWeb版のe-taxを初めて使うときと同様の事前準備が必要です。

 

 

やってみた記録↓

www.nekomage.world

 

このシステムについてのQ&Aも公開されてます!↓

QRコード付証明書等作成システムについてよくある質問|国税庁

年末調整の足音~色々変わってます!~

年末調整の足音が聞こえてくる昨今・・・

 

気づいたら、平成30年分の各種様式が国税庁のサイトにリリースされていました!

 

↓こちらのリンクの新着情報のところをご覧ください

源泉徴収義務者の方|国税庁

 

 

今回はなんと言っても配偶者控除の改正に伴い、

従来の「保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書」がなくなり、

 

・保険料控除申告書

・配偶者控除等の申告書

 

の二枚に分かれることが大きい!!

 

まあ、保険料控除申告書については書く欄が大きくなって見やすくなったぐらいでそんなに変わりはありません。

しかし、添付書類について大きく改正がありました。

 

今回から、今までの紙の原本のみではなく、

保険会社等からメールで送られてきた「電子的控除証明書等」をQRコード付き電子証明書にして印刷したものでもOKになりました!

f:id:nekomage:20181018111716j:plain

(国税庁HPより)

 

確定申告をe-Taxでやる場合は電子的控除証明書をそのまま送れますが、年末調整は会社を経由する関係でまだ紙が必要なようです。

平成32年からは電子で出せるみたいですが。。。

 

QRコード付き控除証明書等の出し方については別記事へ↓

www.nekomage.world

 

一方、配偶者控除等の申告書は大きく変わっていますね。。

今までは、配偶者控除(配偶者の所得38万以下)を適用する人は扶養控除等申告書だけ書いとけばよかったのですが、

今回からは配偶者控除の人もこれを書かないといけません!!

いつもと同じと思って扶養控除等申告書だけ書いて出したら配偶者控除取れなくなるかもしれないので注意です!!

 

年末調整の担当の方が親切であれば「書き忘れてませんか?」と聞いてくるでしょうが、完全自己責任で「出してこない=適用無しでOK」という方針でやってるところもあるようですのでできるだけ自分の身は自分で守ろう・・・

f:id:nekomage:20181018111807j:plain

 

特に所得を書く欄は、自分の分と配偶者の分を書く必要があるので、

書く人はちゃんと裏の説明を読んで書かないといけません。

国税庁も、下記のようにいろんなパターンの記載例を用意してくれています。

f:id:nekomage:20181018111827j:plain

 

↓URLリンクはこちら

給与所得者の配偶者控除等申告書の記載例|国税庁

 

・・・といっても読まずに書く人はいるでしょうから、

年末調整担当の方はできれば事前に説明会とかしたほうがいいでしょうね。

 

私もそろそろお客さんへの説明のしかたを考えようっと・・・

ついに消費税の軽減税率がやってくる/補助金情報

久しぶりの日記です。

いろいろあってバタバタしてて、その色々についても書きたいのですが万一身バレするとめんどくさそうなので全部終わったら書く予定。

 

それはさておき、

ついに消費税の増税がほぼ決定しましたね。。。

 

軽減税率がやってくる。。。

 

報道等でいわれているように軽減税率は売る側がクッソめんどくさいです。

私も色々文句はありますが、決まったからには適正な運用を支援するのがお上からライセンスをいただいて商売している者の役目・・・

 

軽減税率がスタートする前にやっとくべきことを羅列します!

 

1)まずは、軽減税率になったらどうなるのか?を正しく理解する

 

国税庁がだしてるパンフレットはこちら↓(PDF)

http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/zeimokubetsu/shohi/keigenzeiritsu/pdf/0018006-112.pdf

 

超ざっくり言うと、

消費税率は10%になりますが、

持ち帰りの飲食料品(酒類除く)と、家に配達されてくるいわゆる新聞の消費税率は8%になります。

 

これについて、具体的な判断が難しくて皆困っているわけですが、

国税庁もそれはわかっていて、定期的に説明会を開催しています。

 

↓各地域での説明会の予定が下記に掲載されています。けっこうマメにやってるぽい

消費税軽減税率制度説明会の開催予定一覧|国税庁

 

たとえば、

調剤薬局が併設されているドラッグストア(食品とかも売ってる)では、以下のような消費税の分類が予想されます。

 

・処方箋と引き換えに調剤して販売する保険薬→非課税

・一般医薬品→10%

・食品・飲み物→8%

・みりん風調味料→8%(調味料は食品に該当)

・本みりん→10%(酒類に分類されるため)

・オロナミンC→8%(清涼飲料水は飲食料品に該当)

・リポビタンD→10%(医薬部外品は食品にあたらないため)

・店で売ってる新聞→10%(宅配でない新聞は軽減税率対象外)

 

まぎらわしい・・・

 

そして、これはもちろん店舗での小売だけでなくて事業者間での卸売にも影響してきますので、請求書を出すときもちゃんと判断しなければならない。。。

(注:保険薬も、薬局が仕入れる段階では消費税10%がかかります)

 

しかし、

これを自分の頭で判断するのはめんどくさすぎますが、

レジとバーコード、受発注システムがちゃんと働いてくれれば店員さんは悩むことはあまりないと思います。(品出ししてたらいきなり聞かれてギャってなることはあると思うが・・・)

 

そこで

 

2)レジや受発注システムを整備する

 

ことが重要になりますね。

大手チェーンであれば、レジやシステムは本部がやってくれるから気にすることはないと思いますが、個人店さんであれば自分でなんとかしないといけない・・お金かかる・・大変・・

これまでレジなどを使わず全部手計算でやっていたお店もこれを機にレジを導入しないといけなくなるところもあるでしょう。

 

というわけで中小企業・小規模事業者の方々のために中小企業庁の補助金の制度があります。

色々要件があり、すべての製品が対称なわけではないようですので、

詳細は↓をご覧ください。

kzt-hojo.jp

 

そして、最終的に上記を集計して消費税の申告をしなければならないので、

 

3)会計システムの導入・改修

 

も必要になります。

こちらについては、大半の事業者の方が一般的な市販会計ソフトを使用されているでしょうから、対策済みのところが多いかもしれませんが、

今までは会計システムを入れずに手計算をしていたり、

自社開発の会計ソフトを使っていたりしている場合は大変・・・

 

会計システムについては一部の販売管理システムを除いては原則として上記の軽減税率対策補助金の対象ではないようですが、

中小企業・小規模事業者については「IT導入補助金」が使える場合があります。

 

第3次公募は2018年11月19日(月)まで、それ以降は実施自体も未定とのことなので、

会計システム導入を考えてる中小事業者の方は、

↓こちらをご参照の上お早めにお申し込みください!!

 

www.it-hojo.jp

 

 

 

他にも請求書の書き方とか実際の運用とか色々ありますが今回はここまで。。

 

はてなブログをやりだして数年たちますが初めて文字の拡大とか装飾のやり方がわかった・・・

40代にして初・夏フェスにチャレンジするかも

もうすぐ8月も終わり・・・

夏が終わりそうになると、

「今年も夏フェスにいかなかった・・・」

といつも思います。別に行きたいものがあるわけじゃないのですが・・

 

リアル学生時代にはずっと夏フェスという文化はなく

大学4年かそこらで始まったフジロックの第一回が台風で散々だったという体験談を聞いて過酷であるというイメージだけがのこり、

会社員になって最初のほうは余裕なくて行こうとも思わず、

少し余裕が出てきたと思ったら夏は資格試験の季節となり

やっと解放されたと思ったら体力的に無理になり・・・・

 

で、ずっとフェスというものは後でネットでレポをみて楽しむものという存在でした。

 

しかし今回、大好きなバンドが初めて夏フェスにでるというではないですか・・・

しかも、他の出演者も好きなバンドが多くて、私が今CDを欠かさず買ってるバンドの6割ぐらいが出演する・・・

 

natsunomamono.com

 

これはいくしかない・・・・んですが、フェスというものに行ったことがないのに40代にしていきなり行って大丈夫なのか・・・しかも一人・・・(配偶者には断られた)

悩んで若い人に相談してみたら「一人なら辛かったら帰ればいいしいいんじゃないですか」と言ってもらって、ちょっと背中を押されて8割ぐらい行く気になってます。

 

でもまず装備が全然揃っていない・・・

一日だし都内だから特に何もいらないのかもしれないけど

スニーカーも持ってねえ・・・・・

カバンも仕事用以外は出かける用のちょっといいやつか小さいやつしかねえ・・・

という問題外状態だったので、

とりあえずスニーカーは近所のABCマートに買いに行きました。

しばらく休日はこればっかりはいて慣れる予定。

 

あとカバン・・・フェス用のカバンなんてどこで買えばいいんだ・・・

ショッピングセンターに行けばさがせるだろうけどいくのめんどくせー

と思って

「フェス かばん」でグーグル先生にお尋ねしたら。

 

「マンハッタンポーテージのショルダーバッグがおすすめ」

と書いてあったので早速アマゾンでチェック。

 軽くて色々入って良いんですって!!

 

結構いいなーと思ったけど普段使いするにはちょっと小さいし、フェスのためだけに通販で買うには値段が高いな・・・

40代のくせにこの値段で高いって言ったら同年代の人に馬鹿にされること必至だが・・・そしてスマホゲームのガチャにこれ以上突っ込むことだってあるのにどの口がって感じだが・・・

 

もっと安くて大き目のやつはないかしら・・・と思って検索し、

これにしました!

 

なんか若者の間でディッキーズが流行ってるっていう話きいたことがあるしよさそう!

 

これ届いたらちょっとイメージトレーニングして、いけそうならチケットとろうと思います。